FC2ブログ
阿賀野市の増改築現場
022_201801280806448c7.jpg
外回りは、外壁下地まで終了し
後は外壁作業を待つばかりです。
007_20180128080643684.jpg 008_20180128080645b96.jpg
内部も床貼り作業やウニっとバスの取り付けも終わり
これから本格的に木工事が始まりますが
その前に断熱の細く作業が大切です。
013_2018012808064676f.jpg
床下の断熱施工も和室と洋室部分の段差があり
敷居が入り、畳を敷くとフラットになりますが
昔から言われる、敷居の辺りからの冷たい風が来る。
021_2018012808064880e.jpg
これを解消するために、断熱補修作業が重要です。
床下に換気のために風邪を流しますが
チョッとした隙間が一番の曲者です。
空気は、隙間を探して動くような感じであり
全体が良ければよいほど、悪いところに集中します。
020_201801280806493ab.jpg
壁の中も下からの冷気が上がってくると
部屋の暖気が奪われてしまうため
完全にシャットアウトしてやった方が
断熱効果は、格段に違ってきます。
目に見えないところだからこそ、きちんと処理して行きます。
スポンサーサイト