FC2ブログ
2010.07.24 昔の家づくり
うだるような暑さが続いていますが、職人さんの頑張りで
現場のほうは順調に進んでいます。
阿賀野市小松で始まったりフォーム現場は、リフォーム箇所の天井を
解体し、構造が見える状態になり、これから補強作業に入ります。
画像 130 画像 138 画像 139
地域的には阿賀町(旧三川村)の隣で積雪も多く、寒い地域です。
小屋裏には、上棟時の御幣が飾られており、増改築を繰り返した跡が窺えます。
画像 141
写真の白いのは、初期的な断熱材で(ポリエチレンシート)
外壁を張る前に申し訳程度に張っていたもので
現在では、ガラス等の保護や果物の痛み防止等で使われています。
画像 140
こちらは天井裏の断熱材でグラスウールですが
施工としては、天井に上げてあるだけで隙間だらけであり
お客様が寒い家と言われるのも無理はありません。
今回は、断熱、耐震、バリアフリー等の性能をアップさせ
ガスを使ったハイブリッド給湯器で温水床暖房を提案。
地域性、家族構成、生活スタイル等に合わせ
暖房、冷房の提案をしていかねばなりませんが
昔からの教えである「家は夏を旨として作るべし」は
守っていかねばなりません。
暖をとる方法は色々ありますが、暑さ対策はありません。
暖房、冷房が止まったらを考えるとデザイン重視で小さい窓や
開閉できる窓の少ない家はどうなるのか?
エネルギー問題は永遠の課題であり、長期間のことを考えたら
昔の人の教えが正しいのではと感じます。


スポンサーサイト