FC2ブログ
梅雨入りしたものの雨の日が少なく
現場の方も順調に進んでいます。
阿賀野市学校町の現場
001_201906031847433be.jpg 005_2019060318474519d.jpg
003_20190611190520b10.jpg 012_20190608063853385.jpg
外部ボード張りも終了し、ガルバリウム鋼板張りも
まもなく終了となり、来週には足場が外れます。
内部も、大工さんの工事が順調に進んでいます。
004_2019061119052174b.jpg 005_2019061119052250a.jpg
内装の一部やポーチ部分に越後杉の腰板を採用
ゆったりと落ち着いた空間が出来上がりつつあり
来月の完成に向け、仕上げ工事となって行きます。
002_201906120623482b2.jpg 010_201906120623509d7.jpg 005_201906120623514c4.jpg
阿賀野市京ケ瀬の増改築工事は基礎もほぼ終わり
建て方工事に入って行きます。
006_20190612062353fd6.jpg 004_20190612062354473.jpg 003_2019061206235630b.jpg
阿賀野市安田の新築工事は、解体工事は手作業が終わり
機械解体が始まりました。
繁忙期となっておりますが、一つ一つ丁寧な仕事で
お客様満足の家づくりを、職人さん達と共に作り上げて行きます。
今日は、これから仙台です。

スポンサーサイト
昨日は、やすだ瓦ロードフェステイバル
018_20190610093605b78.jpg
今年が第7回目で当社も初出店しました。
丸三安田瓦工業社長宅の庭先をお借りして茶室の展示
014_20190610092925ee8.jpg 017_2019061009292981e.jpg
前日午後から小雨の中を大工さんと共に作り
朱鷺メッセの時と同様に
016_20190610092927cfe.jpg 015_2019061009292683c.jpg
陽の茶室と陰の茶室を展示
天候も良く人出もあり、多くの方々よりご覧いただきましたが
中には、素晴らしい庭で
「庭を見せてください」という方もおられたりで
和やかなひとときを、感じていただけたと思います。
地域のイベントには、なるべく参加して地域貢献と
我社を知っていただくという目的での参加であり
それなりに目的は、達成できたのではないかと思います。
瓦ロードフェステイバルの初開催から微力ながら応援し、
安田瓦の良さを知ってもらい、使ってもらいたい
それが布いては、地域の発展、活性化に繋がっていけるように
年々、来場者も増え、TV等にも取り上げてもらい
知名度も上がって良いことだと思いますが、少しマンネリ化?
農産物や地域の名産品も、そこそこ人気があり良かったと思いますが
最大の目的である瓦は、どうだったのだろうか?
来年以降、また趣向を凝らして
地域活性化のために工夫してみたいと思います。
月日が経つのは早いもので6月、上期最終月です。
天候に恵まれ現場も順調に進んでいます。
阿賀野市の新築現場は、木工事の真っ最中で
内部の天井・床・壁の順で順調に進んでいます。
003_20190601062919eff.jpg
外壁下地も終了し昨日、久々の
現場作業でエアコンのスリブ入れ。
008_201906010629205dc.jpg 010_20190601062922eef.jpg
今回は、エアコン工事が別途であるが
断熱・防湿・防水が後々も損なわれないよう
事前にスリブ施工をしておくことが重要であり
完璧に行ってきました。
011_201906010629238fc.jpg 012_201906010629257d9.jpg 013_20190601062926bfc.jpg
併せて防水・防湿・通気の検査も実施、
いつ外壁工事に入っても大丈夫。
気温が30度を超えた日に現場へ行っても、
建物内が涼しく、大工さんと話す中で
サッシ・断熱材が高性能であるだけでなく
外壁下地を一般的に使っている透湿防水シートを
遮熱透湿防水シートを使っているから、違いがわかる。
一般のものより、倍の金額するが
お金に替えられない素晴らしい商品です。
プロとして、
見えなくなるところ
お客様の知り得ないところ
これからも、ドンドンこだわって行かねばなりません。
良い家づくりのヒントは、現場にあり。
まだ5月なのに夏のような暑さ、これもやはり異常気象?
平成に続いて令和も災害の多い年にならないことを祈ります。
天気が良いおかげで
阿賀野市学校町の新築現場も順調に工事が進んでいます。
003_20190522062756c17.jpg
外部も外壁下地が出来上がり、
天候が悪くても雨が入る心配は要りません。
この状態で、雨風になっても大丈夫にしておくことが最重要。
001_20190522062757a5c.jpg 002_201905220627581b4.jpg
内部も天井張りや床張りと順調です。
大工さんがいい仕事をしてくれていますので、
他の業者さんも息を合わせていい家が出来上がって行きます。
今日から、新潟市小新で建て方工事が始まります。
こちらも同様、良い職人さん達に恵まれ
お客様からご満足していただけます。
25、26(土・日)は、新潟市中山で
お客様満足の完成見学会が開催されます。
そして
001_201905220633598fd.jpg 002_20190522063400ed5.jpg
6/9(日)は、「やすだ瓦ロードフェステイバル」が
開催され、Taka創造建築舎も初出店いたします。
我社にも数々の瓦作品があり
上の写真は、蔵の腰壁に安田瓦を施工して
いい雰囲気をだしてくれています。
005_201905220634015ba.jpg 006_20190522063402d3e.jpg 007_2019052206340418e.jpg
事務所入り口看板の所に「千客万来」の鬼瓦
入口脇に安田瓦でつくった灯篭を傘立てとして利用、その脇に
メダカの水槽があり、水槽ガラス蓋の上に「愛」「義」の飾り
003_201905220634067fb.jpg 004_20190522063407118.jpg
事務所前の花壇の所には十二支の干支の置物
毎年一個づつ増えていますので、3年後には
十二支がそろう予定です。
瓦=屋根となりがちですが、利用方法は多種多様。
今は、皿も作り飲食店で使っていただいたり
地元、安田の土を使ってものづくりを頑張っています。
私達も少しでもバックアップできればと、
参加させていただくことにしました。
6/9は是非、足を運んでみてください。

長い、長い大型連休がようやく終わります。
社会人となって49年、病気で休んだ以外で一番長い連休。
001_20190505181752fae.jpg 002_2019050518175258d.jpg
29・30・1・3・4・5と国旗掲揚が続き国旗も大活躍。
海外旅行に行ったり、田植えをしたりという人たちにとって
旅行や田植えの疲れを癒す時間があり有意義だったと思いますが
時間をもてあました人も多くいた連休だったと思います。
私が働き始めた昭和40年代の我々の業界は、
第一、第三日曜が休みで
その分、正月で1週間くらいの休みがあった時代でした。
だから当時は、職人の給料が高いと羨ましがられた時代でしたが
今になって考えてみれば、
公務員は、土曜日が半日休みの時代でしたので
労働時間から考えたら当たり前のことだったのですね。
現在、働き方改革で働き過ぎがとやかく言われる時代ですが
人より多く働くことで
賃金だけでなく、仕事の腕前も上がり、ドンドン成長でき
会社から評価され、役職も上がって行った時代でした。
今回の大型連休も、職人さんや日給月給の人にとっては、
来月の収入を考えたら、あまり喜べるものではなかったと思います。
大企業の正社員約1,000万人・官公庁職員約200万人
合計1,200万人は、全労働者の約22%
中小企業の正社員約2,400万人は、全労働者の約43%
非正規社員・契約社員・派遣社員・契約派遣社員・パート・アルバイト
約2,000万人全労働者の約35%
この数字には、農林水産業・自由業・9人以下の個人事業は、含まれていない。
このような実態を考えると
働き方改革や、もろもろの政策は、何処を基準に決められているのか?
戦後の敗戦国が、経済大国になったのは、
我々の父母、祖父母たちが頑張ってきたおかげと思っています。
そうやって昔の人たちが、頑張ってきた素晴らしい国を
我々世代が、少しづつ食いつぶしているような気がしてなりません。
素晴らしい国を引き渡してもらい
大変な国を子や孫に引き継ぎそうな、危機感みたいなものを感じます。
国も、企業も、家庭も健全であらねばならないと
思わせられた大型連休でした。